冬野一月号

昨日は年末年始以来初めての完全休養日だったので植物園を散策した。
空には冬としては珍しい鰯雲が広がり、冬の薔薇が高貴な香りを漂わせていた。
さて、珍しく続いた初春の光の下に冬野一月号が届いた。やはり一月号となると、今年一年を占う意味でも心引き締まるものである。
例によって冬野一月号並びに他の句会の入選句をご紹介しよう。
冬野一月号
 菊人形悲運の将を飾り立て
 菊人形仕上げの小太刀差しにけり
 源流に祀る水神秋深し
 蹲の水分ち飲む小鳥かな
 キャンパスは出入り自由秋の蝶
 露けしや妻と墓銘の話など
 妻と吾の無言の会話蜜柑むく
 寝返りも二度三度なる夜寒かな
 茶の花や裏参道の照り翳り
 日を返す湖の煌き鴨浮寝
 踏み甲斐のある音立てて宮落葉
冬野インターネット俳句会
 まづ神の世話に始まる年用意
 ユトリロを切り取り捨つる古暦
 脳細胞少し壊して年暮るる
俳句ステーション
 小鳥来て朝の日差を散らしけり
 すまし顔笑顔触れ合ふ七五三
愚陀仏庵インターネット句会
 何も置かず何も描かず冬の空

IMG_4805.jpg IMG_4803.jpg
IMG_4806.jpg IMG_4808.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1350-7d291939

 | BLOG TOP |