八百万の神

先日今年初めての温泉に行った。私にとっての初湯で、低い温度の炭酸泉にゆったりと入り年末年始の疲れを癒した。
さて、高宮八幡宮にお参りしたことで、ふと八百万の神々のことが頭を過ぎった。
正式には森羅万象に宿る神々のことだろうが、私は氏神様をはじめ日本にはどれだけの神社があるだろうかと言う方が気になった。気になれば調べるのは私の流儀である。
さっそく調べてみるとその数は登録されているものだけでも何と8万1千社以上になる。そのほかにも屋敷神のような小さな祠もあるので、実態はそれ以上に多く詳しくはわからないということであった。
河原の石も山の大樹も神様だという日本らしい神様の数である。
さらに、私の近所には何処にどれだけの神社や氏神様があるのだろうかと言うのも調べてみた。
インターネットに「神社人―福岡県の神社」と言うものがあり、それによると私の住んでいる福岡市中央区だけでも31社あり、散歩に行けそうな周辺の区の神社を入れると100社以上ありそうである。
これから散歩を兼ねてその神社を一つずつお参りすることにしよう。

  難しき神の御名や寒の鯉  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1358-0144be8a

 | BLOG TOP |