年玉

初雀と同時に出された兼題が年玉であった。
子供たちにとってはお正月に貰うこのお年玉は何よりの楽しみで、親戚のおじさんやおばさんが来るとお年玉を今か今かと楽しみにしたものである。
資料によると、通常はお年玉と呼ばれるこの風習は今のようなお金ではなくお餅だったという。
古くから正月行事として「歳神」様を迎えるとその神様に鏡餅を備えていた。その鏡餅をお下がりとして子供達に食べさせ、御歳玉(おとしだま)と呼んだことからとする説がある。
しかし、今時の子供たちが餅を貰って喜ぶはずもなく、何時しか金品に変わっていたのであろう。
その年玉を詠んだこの日の一句をご紹介しよう。

  バイト代貯めて孫よりお年玉  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1362-cb7fb0ed

 | BLOG TOP |