筥崎宮吟行

今回の渦潮句会吟行は筥崎宮並びに花庭園であった。
年の初めの吟行では必ずと言っていいほどこの筥崎宮が選ばれ、花庭園の冬牡丹を詠むことが多い。
このところ寒波に見舞われ、雪が降ったりと寒い日が続いていたが、この日は朝は冷え込んだものの昼は穏やかな冬日和であった。
まず筥崎宮に参拝して、その足で境内を巡り最終目的の花庭園に行った。花庭園には冬牡丹や水仙、福寿草、寒木瓜、寒梅などが春の近いことをうかがわせていた。
女性の句友などは庭園の即売所で、木瓜やミニ薔薇などの苗を買っていた。俳句を嗜む人には草花を愛する人が多いような気がする。
新春らしいほのぼのとした吟行であった。
例によって筥崎宮吟行のこの日の一句をご紹介しよう。

  うるはしき巫女の言の葉春近し  英世

2017012510450001 (002) 2017012510510000 (002)
2017012510590000 (002) 2017012510480000 (002)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1372-d7ea2531

 | BLOG TOP |