福岡城址梅林吟行

今月のたんたん句会の吟行は福岡城址の梅見であった。
舞鶴公園内にある福岡城址はとなりの大濠公園と共に福岡市民の憩いの場であり、観光の目玉でもある。
その福岡城址は桜や梅、牡丹など一年中季節の花に恵まれているが、その中で今回の吟行は梅を見に行こうというものであった。
この日は先月からの寒波も和らぎ、抜けるような寒晴でこれ以上ない吟行日和であった。梅林に一歩足を踏み入れると、そこには紅白の梅が三分咲き程度であったが、清楚な白梅が見事に青空とマッチしていた。
梅林を堪能した後は、近くのタイ料理店に行って有名なトムヤンクンのランチを食べたが、そのせいかその夜は妙に気が高ぶって寝つきの良いはずの私がなかなか寝付かれなかった。
その超ピリ辛のタイ料理の美味しかった話は後日するとしよう。
例によってこの日の一句をご紹介しよう。

  梅三分あと四五日の待ち遠し  英世

2017020311260000 (002) 2017020310340000 (002)
2017020310300000 (002) 2017020310200000 (002)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1380-fa6fd47f

 | BLOG TOP |