春時雨

寒明と共に出された兼題が春時雨であった。
歳時記によると春時雨はしっとりと暖かく降り続く春の時雨とある。
歳時記によっては春時雨と春雨、春の雨を同じとしているものがあるが、私の師事しているホトトギスでは別の季題として取り扱っている。つまり春時雨は二月、春雨は三月の季題として区別しているのである。
月を分けるほどその春の雨の降り様は違うということで、その違いを如何に詠むかに苦心した。
その春時雨を詠んだ今日の一句をご紹介しよう。

  春時雨零れ落ち来る日のかけら  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1390-ceda1ba6

 | BLOG TOP |