春浅し

春浅しとはその名の如く立春間もない春のことで、おおよそ二月までの間だと思っている。
立春をもって暦の上では春とするのだが、体感的にはまだ冬の感じが強い。そんな中でも春一番が吹き、わずかに春らしい雰囲気が漂ってくることを表す季題である。
気を付けてみれば風や雨には春の温かさと匂いがするし、野辺には蕗の薹や土筆が芽を出し、木の芽も勢いを増している。
寒さの中にも確実に春は生れているのである。
なお傍題に浅春そして似たような季題に早春があるが、これらの季題は語感が強く私は春浅しの方が柔らかく感じられて好きである。
その春浅しを詠んだ今日の一句をご紹介しよう。

  春浅し二人で拾ふ日のかけら  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1396-d48ce673

 | BLOG TOP |