30年前

少し前の話だが、地元N新聞のコラム欄に福岡市の市営地下鉄が開通して30年になるとあった。
その地下鉄開通前、つまり30年前の姪浜までの筑肥線沿線の風景を紹介し、その変貌ぶりを記事にしたとあった。
30年前と言っても福岡市に住む三人に一人は知らない計算になる。
それに人の移動を加えるとその比率は格段に上がってしまう。
そのような半分にも満たない新しい人は、どんな思いでこの記事を読んだだろうか。
これから日本を背負って立つ若い人に、単に郷愁だけではなくそこに住んでいた人たちの努力、苦難、苦労を少しでも感じて貰うことは少なからず有意義であろう。
そして、彼らの手でこの町をより住みやすい平和な街にして貰いたいものである。
残り少なくなってきた我が身を振り返りながら、そのようなことを考えていた。

 秋風に故里恋ふる我が身かな  英世

030_20131011065008988.jpg 003_20131011065014f21.jpg
004_20131011065022896.jpg 029_201310110650272a6.jpg
脊振の花

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/141-685e3692

 | BLOG TOP |