雛祭吟行

今回のたんたん句会吟行は、櫛田神社から博多町家ふるさと館を巡るコースであった。
まず櫛田神社だが、この季節早咲きの河津桜や寒緋桜が満開で、約一月早く花見ができた。他にも馬酔木や沈丁花などが香しい香りを放ちまさに春爛漫であった。
また、折しもこの日は雛祭で、博多町家ふるさと館に展示の雛人形を見るのももう一つの目的であった。
櫛田神社に参拝のあと、すぐそばのふるさと館に行くとそこには見事な雛壇が飾ってあった
博多旧家の豪華な七段飾りから、ポピュラーな内裏雛そして鄙びた手作りの雛人形(博多ではおきあげと言う)と、様々な雛人形が私たちの目を楽しませてくれた。
その雛人形を詠んだ句の中から今日の一句をご紹介しよう。

  男雛とてまこと平安朝の顔  英世

2017030309450000 (002) 2017030310000000 (002)
2017030311050000 (002) 2017030311060000 (002)


スポンサーサイト

コメント

Re: 懐かしい場所、

おはようございます。
大空襲のことは冷泉公園のことなどいろいろ聞いていますが、実体験がないのでどうしても想像になってしまいます。
そうでしたかお雛様が身代わりになってくださいましたか。
北朝鮮の問題と言い、何とか平和な世界であった欲しいものです。

懐かしい場所、

大津様、お櫛田さんから博多町屋辺りでの吟行でしたか。
この辺りや聖福寺あたりは、子供の頃遊んだ思い出の場所、
懐かしいです。
 福岡大空襲がなければ、私のお雛様も残っていて
当時を偲ぶよすがになっていたかも。B29爆撃で
何もかもなくなってしまいました。
心の中にセピア色にはなったけど、想い出として
残るだけです。このブログ読んで、昔の博多の街が
蘇って来ました。有難うございました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1412-fd4b9657

 | BLOG TOP |