就職事情

一昨日孫娘の鈴花が就職して東京で研修を受ける話をしたが、今日はそれとはまったく事情の異なる就職の話である。
ずいぶん前の話だが、新聞のコラム欄に63歳の男性が「定職のありがたみ」という一文を投稿していた。
それによると還暦前に解雇され、不安の中の職探しであったがどうにか今の仕事にありつき、今年も契約社員としての継続が叶い一安心しているという記事であった。
彼の職探しの不安と継続決定後の安堵も分かるが、私はそれ以上に非正規社員の増加が気になって仕方がない。
国の言う「一億総活躍社会」の中にはこの非正規社員も活躍している一人として計算されるのであろうか。数字だけでは測り得ない実態があるような気がするのだが。
少子高齢化の日本になって久しいが、少子化の原因の一つには安定した収入も得られず、結婚もできない若者が多いと聞く。
この非正規社員の増加と何らかの関係があるような気がする。

  コンビニの灯り煌く春深夜  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1440-bc7c40ba

 | BLOG TOP |