俳句は花を拾う仕事

俳人である知人のブログに「俳句は花を拾う仕事である」と書いてあった。
考えてみれば、虚子の「花鳥諷詠」や和歌の「雪月花」にもあるように、古より花は詩の最も需要な要素であった。
その花の代表が桜である。
折しも今は桜の季節、つまり花の季節である。
その花には一つのストーリーがある。樹上にある時は蕾から開花、花万朶、散り始めは飛花落花、そして花吹雪、花の屑とその一生はまさに詩の連続である。
その花のストーリーを詠まない手はない。
桜に限らず、梅、牡丹、花菖蒲と日本は一年中花が咲き乱れている。
季節に合わせてその花を拾うのが俳人の仕事と言うのであろう。

   人生の最後は派手に桜散る  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1441-686acd22

 | BLOG TOP |