四月が終る

今日で四月が終るが、今年の四月ほど多くの花を見た年はなかった。
桜や牡丹を始め野の花などにもたくさん出会ったが、その中で少し気になる花があった。
野原の何処にでも咲く小さなピンクの花で、その花の名を知りたくて図鑑の春の項を丹念に調べているうちにやっとその花の名が分かった。
華鬘(けまん)すなわち紫華鬘であった。
また面白いことも分かった。同じ華鬘の字を使ったものに華鬘草なる花があったが、華鬘と華鬘草は全く別の花だということであった。
華鬘(けまん)とは仏殿の垂れ下がった造花状の飾りのことで、いずれの花もどうやらその華鬘に似ているところから名づけられたらしい。
花に詳しい人なら「な~んだ」と思われるかもしれないが、私には大発見であった。
自己満足で華鬘の話をしたが、私にとってはその花のことを知ることができた素晴らしい四月の締めであった。

  華鬘てふ花に出会ひし四月かな  英世

keman099.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1467-5f7b8bd2

 | BLOG TOP |