冬野五月号

冬蒲団を片付け、夏の準備をした一日に冬野五月号が届いた。
毎月の冬野がいつも前月内に届いていたのに、今月はなぜか五月になって届いた。宅配便の過剰労働と何か関係があるのだろうか。
そんなことはともかく、例によって冬野五月号とその他の句会の入選句をご紹介しよう。
冬野五月号
 露座仏の頬に沁みゆく春時雨
 濠の風じわりと春を育てをり
 うぐひすや藪に埋もれし屋敷墓
 石庭の色を鎮めて春時雨
 タイ料理食ぶや身中春の雷
 懸命に人引く犬や草萌ゆる
 我が生の証としたく木の実植う
 貰ひたる猫に恋猫ついて来る
 これよりは牛の領域春の山
 素魚より室見の春の動きけり
 素魚の升に溢るる量り売り
冬野インターネット俳句会
 猫の子のことも頼まれ留守居かな
 魂を天に遊ばせ花の雲
俳句ステーションインターネット句会
 無理難題軽く言ふ妻春浅し
 湯もみより帰るをみなや春の雪
 結界の闇をこじ開け地虫出づ(特選一席)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1471-ebc2ddf3

 | BLOG TOP |