西公園吟行

IMG_4933.jpg IMG_4936.jpg
IMG_4935.jpg IMG_4937.jpg
今回のたんたん句会吟行は西公園であった。
このところ桜の舞鶴公園ばかり吟行していたが、月も変わったことだし西公園にして戴いたことに感謝している。
岬山(荒津山)全体を公園にした西公園には今も昔のままの森が残っており、それが今一斉に若葉を茂らせている。吟行の目的はもちろん岬じゅうに広がるその新緑と心地よい風の薫りである。
人の心をやさしく慰めてくれる桜や牡丹もいいが、楓や楠などの新緑とそこを吹き抜ける香しい風も捨てがたいものがある。
西公園はかつて海に突き出た岬であったが、その後周辺が埋め立てられ、岬の面影はなくなってしまい、いまや街中に残った里山のような感じがする。
それでも展望台からは博多湾から玄界灘を望み、能古島、志賀島、玄界島を間近にしながら新緑の風に吹かれていると、ここが岬であったことが偲ばれる。
くしくもこの日は子供の日であった。
その子供の日に西公園吟行で詠んだ今日の一句をご紹介しよう。

  昼酒にうしろめたさも子供の日  英世

スポンサーサイト

コメント

お楽しみ下さい。

大津様、お早うございます。
 太宰府の地元の方でしたら、光明禅寺にご縁の
ある方もいらっしゃるから~~良かったですね。
若いモミジの緑でお庭が染まっていいることでしょう。

Re: タイトルなし

おはようございます。
西公園は若葉がまぶしく最高の季節でした。
光明禅寺のこと、いろいろとありがとうございました。
6月18日(日)に吟行に行きますが、光明禅寺に顔の効く人がいる様ですので、頼んでみます。
有り難うございました。

大津様、西公園にも久しく行っていませんが、変わっただろうなあと拝見しながら思っていました。夫の実家が西公園のすぐ近くでしたので、結婚前遊びに行って西公園にはよく足を運びました。
私の出た小学校の校歌に「波美しい博多湾、緑明るい荒津山・・・」とありました。大濠公演ともども懐かしい場所です。

 【光明寺】土・日・祭日は午後1時から4時半ごろまでは
拝観できますが(天候の悪い時は閉まったりしている)
平日は拝観可能な時も、閉館しているときもあります。
(今の住職さんは・・・気分屋さんみたいで、電話で
確かめておいでになる方が間違いないと思います。
 電話 922-4053.
 (5,6年前まではいつも扉が開いていて、自由に拝観出来たのですが、現在は規則が変わったというか・・・光明寺好きな私にはとても寂しいことですが)以上 お知らせまで。
 

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1474-4881cd0c

 | BLOG TOP |