私の好きな一句

旅に出て今日子供の日絵本買ふ 青霜子

古賀青霜子は私の師匠古賀伸治先生の父で、親子ともどもホトトギス同人である。
その青霜子が旅の途中に、今日は子供の日かと気づいて、子供(伸治先生)のために絵本を土産に買ったという句である。
何時の世も親子の情は変わらない。子供の日に旅に出ている自分を子供たちに申し訳ないと心で詫びていたのだろう。
句そのものは奇をてらわない素直な句で、それだけに父親の愛情がしみじみと伝わってくる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1476-58afde68

 | BLOG TOP |