薔薇

鴻臚句会のもう一つの兼題「薔薇」は、この時期の花としては一番多く詠まれる季題である。だが、薔薇の名句は少ないという。
吟行では近くに植物園や園芸公園があるので、この薔薇の時期によく訪れる。吟行でなくともぶらりと一人訪ねることも多い。
と言うことで連休中も2回ほど植物園を訪ねた。
兼題の薔薇をはっきりと意識して訪れたもので、他のものには目も呉れずに薔薇だけに的を絞って観察しようと思っていた。
この日は丁度春の薔薇まつりの最中で、園内には家族ずれや老若のカップルが目立ち、それぞれに薔薇を愛でお弁当を楽しんでいた。
暑くもなく寒くもない絶好の日和で、まさに百花繚乱の薔薇を俳人の目でじっくりと観察することができた。
その時に詠んだ薔薇を今日の一句としよう。

  一輪で存在感の薔薇深紅  英世

IMG_4924.jpg IMG_4922.jpg
IMG_4925.jpg IMG_4921.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1485-fe2bc00a

 | BLOG TOP |