ブログの一句

私は毎日のようにブログを発信し、その都度今日の一句を書いている。
今日の一句とはそのものずばりで、その日の記事にまつわることを俳句にしたものであり、それはすなわち即興俳句である。俳句としてはつまらないかもしれないが、気持ちがこもった句であることは間違いない。
そんな中、ある句友から英世さんの俳句は句会で投句する句よりも、ブログの俳句の方が素晴らしいことがあると言われた。喜んでいいものかどうか。
ところが事件が起きてしまった。
かつて私のブログで発表した句だということをつい忘れてしまって、インターネット句会に投句したところ、ある会員からこの句は私がブログに発表した句だと指摘があり失格になったことがある。
確かに自分の句であろうとも、一度世間に発表した句は投句しないというのがルールである。自分のブログでの公表は一般的な句会での発表と同じなのだろうか。
俳句の世界と言うのは意外と度量の狭い所だなと思い知った出来事で、私は迷うことなくその句会を自主的に退会した。

  己が句を忘れし男走梅雨  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: ブログの一句

> こんにちは。
俳句界とはそんなものでしょうね。
今日図書館で「ホトトギス」を読んでいたところ、ホトトギス大会に入選した句が、雑詠選や天地有情にも投句されていました。
ホトトギス内でのことならいいのでしょうかね。

ブログの一句

こんにちは。
ブログを始めたばかりのころ、ブログは自分の日記だからよそに投句をしても、二重投稿ではないと書きましたところ、俳句のプロの方から、不特定多数の目に触れた句は、二重投稿に当たるというメッセージを戴きました。

ブログに載せた句を盗用されたことも複数回あり、それ以来、
ブログには全力投球をしないことにしています。
今は昔ほどいい句が浮かびませんが。。。( ノД`)シクシク…


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1492-c1b55c81

 | BLOG TOP |