時鳥と鶯の競演

朝起きて予定表を見たら久しぶりに何もない。天気も良いし「そうだ山に行こう」と言うことでまたまたにぎりめしを持って油山に向かった。
今回は麓の花畑園芸公園から尾根伝いに油山を目指した。予想したほどの暑さはなく時折渓から吹き上げて来る風が心地よかった。
すると、新緑の樹々の上から突如特徴のある鳥の鳴き声が聞こえてきた。「トウキョウトッキョ」、間違いなく時鳥である。それから何度も鳴いてくれたので時鳥と確信した。
油山には今まで百回以上登っていると思うが、時鳥の鳴き声を聞いたのはこの日が初めてであった。
さらに吊橋下のせせらぎコースを歩いていると、今度は鶯がきれいな声で鳴いてくれた。それも一度や二度ではない、次から次と鳴いてくれる。
時鳥と鶯の競演を聞けるとは、途中で失敬した木苺の美味しかったことと共に、俳句を嗜む者としてとしてこれ以上の幸運はないと感謝の山登りであった。

  時鳥吾の疲れを忘れさせ  英世

IMG_4977.jpg IMG_4982.jpg
IMG_4981.jpg IMG_4978.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1494-2a31803f

 | BLOG TOP |