初鴨

秋の終り頃に大濠公園を散歩していると、濠の真ん中あたりに静かに休んでいる鴨の群れを見ることが出来る。これが初鴨である。
鴨には通し鴨とか夏鴨と言われる一年中棲みついている鴨もいるが、ここで言うところの鴨は秋の終りに渡ってくる冬鴨のことである。
通し鴨は人に慣れ、岸辺近くに遊び餌を漁っているが、渡って来たばかりの初鴨は濠の中心部に陣をなしているのですぐに見分けることが出来る。
鴨の種類は多く、資料によれば大濠公園に渡ってくる鴨はほとんどが真鴨(青頸)だが、中には首から上が茶色と言う独特の化粧をしたホシハジロを見ることもある。
この鴨が渡って来て、街にお相撲さんの姿が見えるようになると博多の街もいよいよ冬を迎えることになる。
その初鴨が今回の兼題であった。例によってこの日の特選句をご紹介しよう。

 大陸に開けし街や鴨来る  英世

imageCAYPGKQ9.jpg imageCAYCVV7K.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/150-45a44f78

 | BLOG TOP |