でんすけ西瓜

家内の友人から珍しい西瓜を送っていただいた。北海道産の「でんすけ西瓜」である。
それは私たちが知っている縞模様の西瓜ではなく、外は真黒で中身は西瓜特有のおいしそうな赤身であった。しかも馬鹿でかい西瓜で量ってみると約9キロもあった。
現役のころ北海道旭川に出張した折に、同じく真黒の「爆弾」と言う西瓜を母に送ったことがあるが、多分その西瓜と同じ種類のものだろう。
あまり大きすぎて家内と二人では食べきれず、息子と孫の愛莉に来てもらい四つ切にして持って帰らせた。
さすがに北海道の名産と言うことだけあって、味は抜群でその甘さも上品なものであった。
俳句では西瓜は初秋の季題になっているが、本当に美味しいのは汗だくで食べる夏の今頃ではなかろうか。
なぜ初秋の季題になったのだろうと考えてみたが、もしかしたらお盆に仏さまに供えることから来ているのかもしれない。それにしても美味しい西瓜だった。

 でんすけてふでかい西瓜に奮闘す  英世

IMG_5100.jpg IMG_5101.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1552-396e5cf1

 | BLOG TOP |