冬野八月号

秋の声はほど遠く、夏の太陽が威張りくさっている中に冬野八月号が届いた。
その中には北部九州大豪雨の犠牲者に対する哀悼の言葉も述べられていた。
例によって冬野入選句とその他の句会の入選句をご紹介しよう。
冬野八月号
 夏草や祀る者なき墓の数
 薫風を掴み輪をなすとんびかな
 矢車の風の吐息に添ひし音
 空が好き風が好きなる鯉幟
 二浪子のやる気戻りし五月かな
 十薬の臭ひ根つから嫌ひなり
 跡継ぎの嬰に鉢巻武具飾る
 武具飾る農の血筋の家なれど
 北斎の波を染め抜く夏暖簾
 空梅雨の予感は風の軽さにも
 色香にも進化てふもの七変化
冬野インターネット句会
 電話なき電話ボックス梅雨豪雨
 走り根の岩を噛みたる滝の道
俳句ステーション
 怖いもの見たさに子の眼蛇を追ふ
 隠沼に影と消えゆく糸とんぼ
 鶏小屋に鶏の駆けこむ梅雨の雷
愚陀仏庵インターネット句会
 日本を何処へ導く青嵐
伊藤園「お~いお茶俳句」
 唱歌ほどには団栗の転がらず

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1563-91a8c7ea

 | BLOG TOP |