七夕

台風は福岡を逸れて行ったが、期待の雨はほとんど降らなかった。
さて、私たちの子供の頃の七夕祭は旧暦つまり今の8月7日であった。俳句では今でも8月の季題になっている。
青竹を伐って来て七夕飾を作るのだが、その頃の我が家には大きな竹藪がありその竹を伐ってくるのが私たち男の仕事だった。その七夕竹の重かったことは今も忘れない。
短冊は姉たち女の仕事で、様々な色の折り紙を短冊形に切り器用に紙縒りを捩って作ってくれた。その短冊にそれぞれが願い事を墨で書くのだが、その墨をする水は早朝の田んぼの稲や里芋の葉っぱに貯まった露であった。
また、七夕団子を作るのは祖母の役目で、丸くなった背中を更に丸めて粉をこねて団子を作っていた姿を今も思い出す。
もう今はそのような七夕祭も思い出だけになってしまった。
ちなみに私が短冊に書いた願い事は「医者になる」であったが、七夕星の神様はとうとう聞いてくれなかった。

  伐って知る七夕竹の重さかな  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: 七夕もお雛様も旧で。

おはようございます。
田舎の生活は農業が基本で、それには昔ながらの陰暦が採用されています。
俳句の世界でも陰暦が求められます。
桃の節句に桃の花が咲いていなかったり、七夕の時期に墨をする露が下りていなかったりと、太陽暦では日本の行事の情緒がありません。

七夕もお雛様も旧で。

大津様、お早うございます。
竹を伐って七夕飾りを。私はそんな思い出はありません。
町内で一緒に短冊飾ったりしたような記憶はありますが。

昔はおっしゃる通り七夕は8月7日。お雛様も4月3日。
お盆も8月13日から~~関東が7月と知った時はびっくりでした。

藤崎は富士埼だったのですね。謂れも知りませんでした。
台風はそれて一滴の雨も降らず、朝倉や日田はほんとに
良かった。でも・・・この辺りはカラカラに乾いているので
少し雨が欲しいです。天候の配分上手くいかないものです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/1565-a7781e6b

 | BLOG TOP |