カワハギの養殖

新聞で宮崎県がカワハギの卵から稚魚にする「種苗生産」に成功し、量産化のめどをつけたという記事を読んだ。
私は思わず心のなかで「やった素晴らしい。これで美味しいカワハギが安値でたくさん食べられる」と叫んだものだ。
「歯ごたえのある白身に、濃厚な肝~」と言う書き出しで始まった新聞では、フグに似て美味とあったが、私はカワハギの方がはるかに美味しいと思っている。特にフグと違って毒がなく生で食べられ肝はことのほか絶品である。かわはぎ1 かわはぎ2
カワハギの仲間にはマルハギと呼ばれるまん丸いものと、ウマヅラというやや細長い顔のものがいる。
何れも愛嬌のある可愛い顔だが、正式にカワハギと呼ばれるのはマルハギで、刺身はもとより煮ものにしても鍋にしてもマルハギの方が圧倒的に美味しい。
むかし大分に住んでいた頃、別府湾でカワハギを大量に釣り、薄く引いた白身の刺身を肝にまぶして食べたことが忘れられず、先日も句会の打ち上げでこのカワハギの刺身を頂いたばかりである。
大量に市場に出回るのは来年かららしいが、今から待ち遠しくて仕方がない。

 カワハギの刺身と肝と秋の酒  英世

kawahagi4.jpg umadura.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/158-d79c8135

 | BLOG TOP |