初冬の花ごよみ「柊の花」

今月の花は柊の花である。
この花が咲き始めると間もなく本格的な冬が訪れる。
モクセイ科の常緑樹で、分厚い葉のふちがトゲ状になっていることから、泥棒よけに昔から垣根などに植えられてきた。
冬が近くなると、その柊の木に白くて香りの良い小花を付ける。
柊は木犀とごく近い親戚で、自然に交配して「柊木犀」と言う香りの良い植物を誕生させることもある。
だんだんと花の少なくなるこの時期に、俳人にとっては貴重な句材となる花である。

 柊の花や庄屋の名残塀  英世

hiirag1.jpg hiirag2.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/164-8b44b90d

 | BLOG TOP |