私とジャイアンツ

「ジャイアンツが楽天を下し、日本シリーズの優勝を決めてくれた。ジャイアンツの日本シリーズ連覇は何と40年振りの快挙だ・・・」と書くつもりだったが、不運にもその筆は折られてしまった。
それでも私のジャイアンツに対する愛は変らないし、これからも応援し続けて行くであろう。
私がジャイアンツファンになったのは昨日今日の話ではない。遠い遠い昔、そう小学5年生の頃のことである。
当時子供の遊びと言えば草野球で、竹のバットに手作りのグローブ、グラウンドは稲を刈った跡の田んぼと言う素朴な環境で一日中遊び廻っていた。
そんな折、偶然遊びに行った裕福な友達の家で、ラジオから野球放送が流れてきた。初めて聞く野球放送だが、その雑音の多いラジオから「川上、川上、巨人」と何度も何度も叫ぶアナウンサーの声に何時しかくぎ付けになっていた。
先日亡くなられた川上さんが「打撃の神様」と呼ばれていた時代である。
これではジャイアンツファンにならないのがおかしいだろう。
それ以来、王、長島、松井とその時代時代を応援し続けてきたのである。
地元に球団が出来ても、わき目も振らずジャイアンツ一筋の私に、健康のためか神はこの勝利の美酒を控えるよう指示されたのだろう。致し方ないことである。
それでも「来年のジャイアンツに乾杯!」

 草野球苅田が僕のグラウンド  英世

KAWAKAMI2.jpg imageKAWAKAMI1.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/166-d2169382

 | BLOG TOP |