五月が終る

今日で五月も終わりであるが、今年の五月は全く泣くに泣けないとんでもない五月であった。
というのは、吟行で近くの西公園に行った時に、車をバック駐車しようとして、後方確認を怠り左後部を大きく破損したのである。
言訳をすれば、小柄な私には車が大きすぎること、雨で見通しが悪かったこと、また前方の句友の女性陣が目に入りそちらに気を取られてしまったこと等々である。
さらに泣きっ面に蜂の出来事があった。
自車両保険に入っているのでとタカをくくっていたところ、何と免責額5万円の自己負担があるというではないか。しかも二回目は免責額が10万円に跳ね上がる保険契約だった。とほほのほである。
家内からはこれ以上ない言葉でバカ呼ばわりをされたが、いずれにしても私の不注意は免れがたい。
とんでもない五月が今日で終ろうとしている。

 五月雨や喜寿の運転五里霧中  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

そうなんですよ。そそっかしいたらありゃしない。
それでもおっしゃるように前向きに生きます。きっといいことがあることを信じて。

そうだったのですね‥‥
お気の毒ですが、お怪我がなかったことが何よりです^_^
お疲れさまでした。
6月はきっといいことがあるような気がしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/18-6b7e97b4

 | BLOG TOP |