炭坑節の発祥地

先日福岡県民俳句大会で炭都田川に行った話しをしたが、今日と明日はその炭坑の話しをしよう。
まず今日は俳句大会の歓迎アトラクションで披露された炭坑節の話である。
炭坑節は旧産炭地の労働歌であり盆踊りの歌でもあるが、そのルーツは愛歌、艶歌であったという。
その歌詞は産炭地の地名を歌い込んで微妙に変えて全国に広まって行ったが、その発祥の地は筑豊だとか大牟田だとか言う説があってなかなかはっきりしていなかった。
そこで発祥の地を主張する田川市と大牟田市が話し合いを持ち、「発祥の地は田川、育ての地は大牟田」と言うことで決着した。
発祥地の名誉を得た田川市では、石炭歴史博物館に炭坑節発祥の地として堂々と記念碑を建てることができたのである。
赤坂小梅や三橋美智也の歌で全国に広まった炭坑節は、今や盆踊りの定番化で私たちの同窓会でも必ずこの「月が出た出た・・ヨイヨイ」で締めくくっている。

 冬晴や炭坑節にある色気  英世

yjimage.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/183-227d3176

 | BLOG TOP |