紅葉

昨日は小春日和に誘われて家の周りの紅葉狩に出かけた。
紅葉は俳句では10月の季題となっているので厳密には冬紅葉であるが、いつもお話ししているように九州では秋が一ヶ月ほど遅れてやって来る。
紅葉もこの時期が一番きれいである。
家の周りは公園が10か所ほどあり、紅葉もそれぞれに異なった顔を見せてくれる。
桜、もみじ、銀杏、ケヤキ、蔦などが主であるが、他に名を知らない木の紅葉もある。
中にはすでに落葉となって地面に吹かれるものもあるが、それはそれとして風流なものである。
この日は1時間ほどの散策で、30枚近い美しい映像が取れた。それほど我が家の周辺は自然が残っており、今もその恵みを受けているのである。
これからしばらくはこの紅葉の写真を折りに触れご紹介することにしよう。(写真は拡大してご覧ください)

 街中に別天地あり冬紅葉  英世

001_20131125071546802.jpg 007_20131125071552dcb.jpg
013_20131125071600f81.jpg 019_20131125071604801.jpg

スポンサーサイト

コメント

Re: あら、こちらには反映されないんですね。

ととろ様

おはようございます。
小春日と言い紅葉と言いまさにいい季節ですね。
その小春が終わればまた時雨と、季節の変化に日本人の感性は磨かれて行くのでしょうか。
拍手有り難うございました。
拍手の結果は私の画面にのみ表示されます。
27日には四王寺山を吟行いたします。

あら、こちらには反映されないんですね。

大津様、拍手のところにコメントすると、こちらには反映しないんですね。私PCオンチだから。すみません。

 紅葉の季節、いいですねえ。名所と言われるところの紅葉ではなくても、路地の一本の銀杏、庭先の紅葉などなど、
それぞれに優雅で、四季のある日本って改めて素晴らしいと思うこの頃です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/187-005318ef

 | BLOG TOP |