百年句会「中洲・天神」

今回の百年句会は中洲・天神界隈の吟行で、この日は透き通るような青空であった。
中洲・天神と言えば福岡の繁華街として全国的に知られたところであるが、その顔は全く違う。
中洲は言わずと知れた夜の歓楽街で、一夜の歓楽を求める男女が犇めきその数は昼の中洲の何倍だろうか。
川沿いには博多伝統の屋台が立ち並び、那珂川に映えるネオンには夜の情緒たっぷりで、歌謡曲にも度々歌われたほどである。
一方天神は日本屈指のビジネス街で、有名デパートなどのショッピング街が同居した別の顔である。
街には最新のファッションに身を包んだ若い女性が、ビジネスマンを避けながらそのデパートの中から地下街へと流れ込んでいる。
このように昼夜たがわず賑いを示している天神には、最近は他県ナンバーの車も多く、外国人も増えるといった一種の国際都市の様相も呈している。
この中洲天神の顔を詠んだ入選句と、師走の福博の街を写真でご紹介しよう。

 年の瀬や中洲天神違ふ顔  英世

009_20131210073940197.jpg 012_20131210073945865.jpg
017_201312100739505dd.jpg 018_20131210073953d4f.jpg
スポンサーサイト

コメント

Re: 天神と博多

ととろさま

おはようございます。まとめてコメントいたします。
冬は空気が乾燥し町の音がよく聞こえますね。我が家は街中にありながら比較的静かな場所ですので、なおさら感じます。
福岡の年末風景を吟行しました。
あらためて福岡は大都会なんだなと実感しました。
今日、明日と福岡の風景を掲載します。

天神と博多

大津様、中洲大橋一つわたると、がらりと違いますね。
特に中州は夜の街、天神はオフイス・ショッピング昼の街。
私は天神育ちなので、最近は雰囲気も変わっては来たけど
やっぱり、天神に行くと懐かしいし、子供の頃遊びまわった
母の実家のあたり博多も懐かしいです。
 画像、懐かしいところばかり。
トシとともに天神も博多も遠くなりつつあります。
さっと町の雰囲気の違いが俳句に詠めるのが凄いです。

Re: タイトルなし

その通りなんですよ。
中洲を愛する人と、天神を愛する人は私には別の人種のように思えてなりません。
もっとも私はどちらも好きのなまくらですが。

英世さま、おはようございます。

おっしゃる通りですね。
私は中州へはほとんど行きませんが、博多と天神の雰囲気も違うし、他県の方には不思議な雰囲気の街かも知れませんね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/202-fa504ad6

 | BLOG TOP |