芸能大会

数年前にも一度お話ししたが、所属している福岡市シルバー人材センターでは、毎年会員による芸能大会が開催される。
その大会が先日開催され、カラオケを始めいろんな芸能が披露されたが、それぞれプロ顔負けの熱演ぶりであった。
主な演目は民謡、日本舞踊、剣舞、太極拳、博多にわか、津軽三味線、大正琴、マジック、フラダンスなどで、それぞれ珍しい演技が披露された。
中には活弁(無声映画の弁士)や、津軽三味線でロシア民謡の「カチュウシャ」を演奏したり、安来節では定番の泥鰌すくいではなく女性によるしなやかな踊り、そして極めつけはユーモラスなひょっとこ踊りで観衆を沸かせていた。
7000人もの会員がいれば多士済済で、素晴しい特技を持った人がいるものだと改めて感心させられた。
その熱演ぶりを写真でご紹介しよう。

 春風や歳を忘れて舞踊る  英世

001_20140213071434111.jpg 002_2014021307143771b.jpg
003_201402130714414ae.jpg 004_201402130714445ec.jpg
005_2014021307144813e.jpg 006_20140213071520b2c.jpg
009_2014021307152467e.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/269-e1c6bf2e

 | BLOG TOP |