春時雨

時雨と言えば冬の雨のことであるが、早春のこの時期にもしっとりとした雨が降る。
その時雨に似た雨のことを特に春時雨と呼んで、俳句の季題になっている。
春の雨は一般的には春雨と呼ばれ、古くから情緒のある雨として詩歌に親しまれて来た。
しかしここで言う春時雨は、まだ早春の肌寒いかむしろ寒さの残る時期の雨である。
その冷たい時雨に春の趣をかぶせて明るく艶やかにした感じがする。
この春時雨が降りやがて温かい春の雨となり、啓蟄で虫が目覚め燕がやって来ると、待ちに待った本格的な春となる。
その春時雨が今回の兼題であった。
例によってこの日の入選句をご紹介しよう。

 春時雨とは音もなく風もなく  英世

018_201402220719024e0.jpg 020_20140222071907881.jpg
025_20140222071914c73.jpg 032_201402220719198c3.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/278-bd35030d

 | BLOG TOP |