大学受験資格

髭ぼうぼうで身なりにもあまり構わない一風変わった浪人生に出会った。
話しを聞いているうちに、彼の凄まじいばかりの生き様に感動を受けたので少しお話しよう。
彼は高校を中退したあと仕事を数えきれないぐらい転々とし、職歴の数だけは人に負けないのだが、いつのまにか26歳になっていたと笑っていた。
最後は某自動車メーカーで製造に従事して結構安定したいい仕事であったが、このままこの会社に一生縛り付けられるのか思うとぞっとして、一念発起して独学で大学受験資格を取得したという。
ところが、大学受験資格は得たものの、現実の壁は厳しく、入塾後は高校レベルの勉強から始めなければならなかった。
そのことは本人も十分自覚しており、合格発表が相次ぐ中で今年の受験は諦め来年以降に目標の理工系に挑戦する。
現在収入はなく合格までは僅かな蓄えで凌いで行くと言うことであった。
この話を聞いて、大学に行けなかったことを貧乏のせいにしてきた自分が情けなくなってしまった。
この青年に素晴らしい未来が開けることを願って止まない。

生涯に一度にしたき大試験  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

こんにちは。

本当にそうですね。
頑張る人には神は必ず報いてくれると思います。
それを信じてこの一年彼を応援して行きたいと思います。

英世さま、こんにちわ。
久しぶりのコメントですが、記事はいつも拝見していました。
一風変わった浪人生のお話には感動します。
一念発起して大学受験を決意するまで、どれほどの後悔があったでしょうか。
自暴自棄に陥ったこともきっとあったでしょう。
けれど人生はやりなおせるということですね。
若い彼には充分取り戻せるチャンスと、未来が待っていますね。
私も応援したい気持ちです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/308-5a7ec349

 | BLOG TOP |