妻の誕生日

この日は朝から妻のご機嫌があまり良くなかった。
と言うのは車を車検に出す日で、10万円以上の支出が予想されていたからかもしれない。こういう時の妻はたいがい不機嫌になる。
それでも予定していた金額より2万円ほど安かったので、帰りに二人で買い物に行ったりしたのだから、女と言うのはどうもよくわからない人種である。
それはともかくとして、その買い物の途中で私は妻に「今夜は御飯の用意はしなくていいよ」とつぶやいた。
妻はきょとんとしていたが、実は昨日3月23日は妻のⅩ6歳の誕生日で、密かに誕生祝いをしようと思っていたからである。
誕生祝いは子供たちを抜きにして二人だけで行きつけの小笹寿司に行った。何故か昨日は二人だけでお祝いがしたかったからである。
ビールで乾杯のあと、妻は新鮮な魚の乗った豪華な?散らしずしに舌鼓を打ち、相変わらずの毒舌を振り回しながら、私のお刺身や壺焼きに活発に箸を伸ばし、さらには茶わん蒸しまで注文していた。
この毒舌と食欲なら妻は私以上に健康だなと妙に安堵しながら、来年もこの誕生日を祝うことが出来たらと勝手に思っていた。

 連れ添うて四十五年桃の花

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/309-67d77392

 | BLOG TOP |