筑紫野探勝会「都府楼祉」

今回の筑紫野探勝会吟行は百年句会と同じ都府楼祉であった。
前回の百年句会の時はうららかな春の日和であったが、今回の探勝会は打って変わって春の驟雨だった。
その雨の中でも、句友はそれぞれに桜や草花を愛でながら野に遊び、俳句を楽しんでいた。
いつもお話ししているように同じ場所でも日付が変り天気も変れば、何かしら新しい発見があるものである。
その証に前回はまだ蕾が吹くらみかけていた桜が、今回は5分咲きほどになって雨に濡れていた。
雨に濡れるすみれ、金鳳花、椿などもまた風情があろうというものである。
また、幸運にも裏観世に住むという雉の甲高い鳴き声も聞くことが出来た。
この日は珍しく特選3句を頂いたが、その中の今日の1句をご紹介しよう。

 花の雨バスに乗らうか歩かうか  英世

002_20140328074816498.jpg 003_201403280748224cf.jpg
004_2014032807482567f.jpg 005_20140328074830469.jpg
スポンサーサイト

コメント

Re: 間違えて

本当に無情の雨ですね。
雨を予測し、昨日は桜を一杯撮影してきました。
明日からしばらく桜の写真をブログに掲載する予定です。

間違えて

拍手の方にコメント入れてしまいました。
 満開の桜に今日は朝から雨が。
 まだ花散らしの雨程ではありませんが、
 土日でお花見を計画していた人達には
 無情の雨ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/313-7377182d

 | BLOG TOP |