三月が終る

今日で三月が終る。
爛漫の桜の中であっという間の三月であった。
いつものことながら、二月、三月とこの時期は早く感じて仕方がない。
話しは変るが、今年もたくさんの塾生が憧れの大学に合格して旅立って行った。
その塾生たちから、どこそこの大学に合格しましたという声を聞くのが何よりうれしかった。
医者を目指す者もあろう、科学者や技術者になる者もいるだろう、中には次代の若者を育ててくれる先生の卵もいるだろう。
それぞれの道に向かって大きく羽ばたいていく塾生を見ていると、まるで自分の子が旅立って行くような気がしてならない。
この若者たちに未来の日本いや地球を託すとしよう。

 青き踏む夢といふ字に思ひ馳せ  英世

026_20140331070158806.jpg 012_20140331065930355.jpg
028_201403310702022f7.jpg 010_2014033106592070c.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/316-3a6e8b35

 | BLOG TOP |