冬野四月号

001_20140404064837c5d.jpg 009_201404040648424b7.jpg

世はまさに桜満開で、昨日は私も浮かれ気分で舞鶴公園の枝垂れ桜を見に行った。
そのような明るくにぎやかな最中に冬野四月号が届いた。
冬野誌では投句からおおむね三ヶ月後ぐらいに発表されるので、今の季節とそぐわない冬や新年の句がたくさん載っている。
例によって他の句会の入選句と併せてご紹介しよう。
冬野四月号
 冬の蝶日差の中に戻しやる
 憂きことはとうに捨てけり去年今年
 煮凝や終始無言の料理人
 凍滝や幽かに水音風の音
 灯点してよりの語らひ冬座敷
 氷柱噛む猿の親子や隠し温泉(でゆ)
 室咲や室で生れし蝶の舞ふ
 主恋ふ梅とし香り千余年
 初午や山駆け上る朱の幟
 春禽の声参道に奥宮に
 海よりの風やはらかく梅真白
冬野インターネット句会
 揚雲雀天の龍宮目指すかに
 春泥に顔見合はせる親子かな
俳句ステーション
 一斉に目覚めし大地青き踏む
 二月の波砕け散る親不知
 逢瀬には程よき降りの春の雪
愚陀佛庵インターネット句会
 南国の積むこともなき春の雪
 うぐゐすの声参道に奥宮に
現代俳句インターネット句会
 国語だけ入試問題試みる
 繰り返す道路工事や春の水

011_20140404064953e65.jpg 012_201404040649585b3.jpg
013_20140404065003bf7.jpg 006_201404040649494f5.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/320-9facdf4a

 | BLOG TOP |