お茶の功罪

常日頃はお酒の話ばかりしているが、今日はまともにお茶の話をしよう。
私は晩酌をすることが多く余りお茶は飲まない方だが、医者にお酒よりもなるべくお茶を飲みなさいと注意された。
と言うことで妻の留守に一人で茶を淹れて飲むことにした。飲んで見るとこれが何と日本茶ではない。何と言うか日本茶と紅茶をブレンドしたような味がする。
私はそのふくよかな香りと甘い味に私はすっかり魅了されてしまった。後で家内に聞いた話ではそれはジャスミン茶だということであった。
その日はあまりの美味しさに2~3杯は飲んだであろうか。
しかも、夕方から夜にかけて仕事が入っていたので、何時も持って行く白湯に代えてこの日はジャスミン茶をボトルに詰めて持って行き、あげくの果てに全部飲んでしまった。
ところがその夜が大変であった。
夜11時30分ごろに布団に入ると、いつもは床に着くなりバタンキュウのはずの私がなかなか寝つかれないのである。
あれやこれや考えているうちにそれはいつしか夢うつつに変わり、気がつけば朝5時になっていた。
私はこれはてっきりお茶のせいだと思い込み、「たった四杯で夜も寝られず」の幕末の狂歌を思い出した。でも本当のことはよくわからない

 ジャスミンの香り芳し一人の夜  英世

009_20140406063934ac8.jpg 011_201404060639402f6.jpg
012_20140406063945c0c.jpg 013_201404060639498a5.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/322-32662ca8

 | BLOG TOP |