わが心の聖地

久し振りに気に入っているテレビ放送の話しをしよう。
民放のBS放送に「わが心の聖地」という番組があり、都合のつく限りよく観ている。
内容はあり触れた旅番組とは違い、ある思いをもった人物が、その人にとっての心の聖地を巡りながら、その聖地を訪れた時に心がどのように変化していくかを描いた旅番組である。
「わが心の聖地 思いの道・願いの道」とあるように、名刹を始め各地の聖地の中からこれという場所を巡り、自分の心の迷い、悩みを解き明かして行くところに観ている私もいつしか引き込まれていく。
もうお分かりのように単に聖地の由来や風景を紹介するだけだはなく、人の心が交差しているところが何とも言えない。
一例を上げると、ある高僧の言葉に「肉体は両親から頂いたものだが、大いなる生命は脈々と続いている。人間は最初のうちは自分が強くなっていると感じるが次に相手が強いと思うようになり、最後は自分は弱いと悟る。弱いと悟ることで相手を尊厳の眼差しで見ることが出来る」と巡礼者を諭す。
まあざっとこの調子であるが、これがなかなか心にぐさっと突き刺さって来るから心憎い。
奥田瑛二の顔に似合わない静かな語りが番組を一層引き締めている。
今日の画像も我が家の庭の花たちである。

 薫風や一日静かに禅苑に  英世

011_20140528065535fed.jpg 012_20140528065539e12.jpg
013_20140528065543273.jpg 015_20140528065548aac.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/376-13a8da7b

 | BLOG TOP |