投手戦

久し振りにすばらしい試合を観たので、そのお話をしよう。
一昨日の交流戦「オリックス対巨人」の試合をテレビの前で観ていたら、いつの間にか時計は夜11時を過ぎていた。
試合は稀に見る投手戦で、延長11回まで両軍無得点、12回表の巨人の攻撃もすでにツーアウトで、規定により巨人の勝ちは見込めない状況であった。
その時この日一軍登録されたばかりの亀井が、劇的な決勝ホームランを打ち決着が付いたのである。
それにしてもオリックスの金子のピッチングは圧巻であった。
素晴らしい直球と多彩な変化球で9回まで巨人をノーヒットに抑え、通常ならばノーヒットノーランのはずが、味方が点を取ってくれないので幻となってしまった。
何とノーヒットノーラン(参考記録)に抑えながら負け試合と言う珍記録が生まれたのである。
新聞には「野球の怖さとだいご味が凝縮された試合」と評していた。
花火大会のような試合も面白いが、このような息詰まる投手戦もまた野球である。

 夏の夜の敗者称ゆる拍手かな  英世

003_20140602070713260.jpg 006_20140602071515a11.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/381-b37aa570

 | BLOG TOP |