六月の花ごよみ「ミツバツツジ」

いよいよ梅雨に入って鬱陶しい日々が続くが、これも天の恵みと楽しまねばなるまい。
さて、今年は膝を痛めとうとう見に行くことが出来なかったが、私の好きな花の一つミツバツツジの話をしよう。
九州の躑躅の仲間ではミヤマキリシマが有名であるが、脊振山系に咲くこのミツバツツジも捨てがたい。
ミツバツツジは5月中旬ごろが見ごろでいまは盛りを過ぎているだろう。
このミツバツツジは一般の躑躅より雄蕊の数が5本と少ないことが特徴である。
名前の由来は花が終ってから葉が出て来て、一本の枝に3枚の葉、つまり三つ葉が付くことから名付けられた。
脊振山や井原山と言った痩せた尾根に岩場に咲くことが多いが、可憐な花を目当てに盗掘が進んで野生種が減って行くのが残念でならない。

脊振嶺の岩場に深山つつじかな

aIMG_0055-11.jpg mituba3.jpg
mituba5.jpg 無題
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/382-3ca8a651

 | BLOG TOP |