俳句の会「鴻臚」吟行

俳句の会鴻臚では年2回吟行を楽しんでいるが、今回は近くの舞鶴公園「牡丹園」から大濠公園を巡るものであった。
時期的に牡丹や芍薬は既に散ってしまっていたが、散った後の殺風景な園にも情緒はあろうと言うものである。
その分舞鶴公園の花菖蒲が満開で大いに句心を誘ってくれた。
また、舞鶴公園から大濠公園にかけての新緑はいよいよ色を増し、夏本番間を思わせる緑であった。
その舞鶴公園で露草に似た白い3弁の可憐な花を見つけたが、名前が分からず私が調べることにした。
名前はトキワツユクサと言うことが分かった。別名「野博多唐草」と言うとあるが、博多に関係があるのだろうか。
それにしても昼食に頂いた和風ランチとビールの美味しかったこと。これも吟行の楽しみの一つでもある。
この日の私の特選句をご紹介しよう。

 咲き初めし四葩の色の濃く淡く  英世

001_2014060405362527e.jpg 003_20140604053358d4f.jpg
004_20140604053403076.jpg 010_20140604053408231.jpg
9s.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/383-6d38c0a6

 | BLOG TOP |