楊梅
楊梅とかいて「やまもも」と読む。
楊梅は木苺や桑の実と共に野性児だった子供の頃は、甘味料の少ない中で格好の甘い食べ物であった。
油山でも楊梅を拾って食べたが、その楊梅が硯潮句会の兼題と言うことで再度見に出かけることにした。
周辺で楊梅の樹がある場所は既に頭の中にインプットされているので探す必要はない。と言うことで、今回は動物園に行った。
動物園のキリンの広場の脇から少し上がると猿山があるが、その途中にこの楊梅の大木がある。
楊梅は濃い赤紫に熟すと甘酸っぱい味がして、一個食べ出すときりがないくらい次から次へと口に放り込んでしまう。早速熟したものを探し出して頬張ったことは言うまでもない。
ところが、この楊梅は熟すとすぐ落ちる習性があり、この日は既に大半が落ちていて通路は踏みつぶれたその楊梅の汁で真赤に汚れていた。
例によってこの日の特選句をご紹介しよう

 楊梅を美味しと笑ふ昭和人  英世

002_201406230710591b6.jpg 009_2014062307111157d.jpg
005_201406230711078f0.jpg 015_201406230711153c6.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/404-818cfb5d

 | BLOG TOP |