電子辞書は百科事典

一昨日から時折激しい雨が降っている。梅雨もそろそろ終わりであろうか。
さて、ずいぶん前に電子辞書を買い直した話をしたが、この新しい機能に驚いている。
電子辞書はまるで百科事典である。
もともと俳句をするために買った辞書だが、慣れて余裕が出て来たころから歳時記と国語辞典以外の機能が気になっていた。
調べて見ると英語辞典はもとより、歴史、医療、文学、人物、旅行などとありとあらゆる分野が網羅されている。中には古今の文学の名作も搭載されている。
歴史好きの私はさっそく日本歴史大辞典で、過去の出来事や人物を調べて見た。使ってみると手持ちの「日本の歴史」となんら変わらない。
単三乾電池2本でこれだけの情報が得られるとは、何かものすごく得したような気分である。
今までは殆んど俳句にしか使っていなかったがこれからは大いに活用するとしよう。

 夏の花探せば響く電子音  英世

001_20130705063712.jpg 002_20130705063719.jpg
003_20130705063724.jpg 004_20130705063731.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/53-92bdbb74

 | BLOG TOP |