軍師官兵衛

NHKドラマ「軍師官兵衛」がいよいよ最終章となった。
実を言うとこのところのこのドラマには少し興味を欠いていた。
と言うのは信長が死んだ後はどうしても秀吉の出番で、その秀吉が主役の官兵衛を脇へ押しやってしまうからである。竹中直人の個性によるものも大きいが、歴史の舞台として仕方のないことであろう。
その官兵衛が再び脚光を浴び始めた。
秀吉の老いの野望がむき出しになるに従い、冷静沈着な官兵衛は巧みにその狂牙を避けて行く。
やがて、秀吉が死に関ヶ原の戦が始まりドラマは大きく動こうとしている。
この先、官兵衛がどのように知力を尽くして戦うのか、そして息子長政と共にどのような歴史の展開が待っているのか興味は尽きない。

 官兵衛の寓居の井とや秋の暮  英世

スポンサーサイト

コメント

Re: Re: タイトルなし

> 官兵衛のことは「播磨灘物語」を読んだ頃から好きになりました。
> この先も楽しみにしています。
> 日本シリーズ、我がジャイアンツを破ったタイガーズをホークスに撃破して欲しいものです。
> 今日だけは、頑張れホークス!!

私も官兵衛は一話も逃さずに見てきました。
官兵衛の駆け引きの知力が魅力なのです。
最終章も楽しみです。
ですが、今日にいたっては日本シリーズで気持ちはいっぱいいっぱいになってますが(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/535-1576a5fe

 | BLOG TOP |