添削

テレビでNHK俳句を毎週のように見ているが、その中でも添削コーナーを興味深く見ている。
投句の中から選者が一工夫すれば入選しそうな句を添削する訳だが、選者の添削と自分が思い描いていた添削とが合致した時は痛快である。
私もいま三人の句友の句を添削しインターネットでやり取りしているが、彼女らが日に日に上達して行く姿を見るのは嬉しいものである。
とは言え添削は意外と難しい。
思い切りやってしまうと元の句とは全く別の句が出来上がってしまうし、かと言って手心を加えた程度では句として成り立たないこともある。その辺りの加減がすこぶる難しい。
彼女たちにはいつの日か私の添削なしに、ただ私の句評のみで終るように上達して欲しいと願っている。

 小春日やしばし句想の旅枕  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/579-9cb816db

 | BLOG TOP |