未年

今年は未年、干支では未と書くがあの羊と同じである。
漢字林で未の文字を調べてみると、木に若い枝が伸びた形を表す象形文字とある。つまり、まだ小さい、若いと言った意味で、未定のように否定の意味にも使われる。
また、先日俳句の季題で稲刈りの後に出てくる新しい稲を穭と言うとお話ししたが、この穭も未、羊と同類であろう。
と、こうお話すれば今年はどことなく活気がないイメージであるが、それも考えようで、若い木の枝は将来の成長を約束するものであると思えば、その出発点として目出度い年と言えよう。
羊は大人しく善良な動物で群れをなし同じ行動をとることから、群れの漢字は羊からつくられた。
群れをなす羊はさながら家族の安泰を意味しているように思えてならない。
この一年がこの羊の家族のように幸せな年でありますように。

 北国の羊の丘の初日の出  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/603-758f410d

 | BLOG TOP |