日本酒

昨日は正月の行事も一段落したと良ことで、行きつけの温泉に行った。今年の初温泉である。
さて、このところ酒の席で日本酒を呑むことが多くなった。長年ビールと焼酎ばかり飲んでいたが、何故か日本酒が懐かしくなったからである。
そう言えば昔の宴席や晩酌はまずビールそして日本酒と言うのが定番であった。
会社の先輩からは焼酎のような下品な酒はわが社の社員が飲むものではないと注意され、宴席のマナーや日本酒の注ぎ方も教えて貰った。
冷酒(常温)とコップ酒、手酌は厳禁で、温め酒をおちょこで戴くのがルールであった。
酒を飲む店も上品な割烹か小料理屋でと厳しく制限され、屋台はともかく角打(立飲み)での飲酒はご法度であった。
一度角打で酒を飲んでいる処を大先輩に見つかり、翌日こっぴどく叱られたことがある。
安価で健康に良いと言うことで焼酎が普及したが、ここにきて日本酒への回帰は本来日本酒が好きな私にとって、そして日本文化の継承と言った意味からも喜ばしい限りと思っている。

 様々なこと思ひ出す温め酒  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/607-cb38e129

 | BLOG TOP |