燗酒の温度


昨日は日本酒が美味しい話しをしたが、その燗酒にも燗のつけ具合によって、つまり飲用温度によって細かい区分や呼び名があるとある新聞のコラムで報じていた。
そのコラムをそのまま引用するとおおむね次のように呼ぶらしい。
ある目安では、常温の「冷や」(20~25度)から温度が上がるにつれ「日向(ひなた)燗」(30度)「人肌燗」(35度)「ぬる燗」(40度)「上燗」(45度)「熱燗」(50度)「飛び切り燗」(55度)となる。
冷たい方は「涼(すず)冷え」(15度)「花冷え」(10度)「雪冷え」(5度)に。このような風情のある呼び名をさかなに一杯やるのも一興だ。
昔の料理屋には「燗番」がいて、お客に合わせて燗付けの温度を調節していたという。接待役はあまり酔わないように熱燗を、疲れた様子の客にはくつろげるようぬる燗で、そんな心配りがあったとか。
気配りの燗付け番がいたとはうらやましい限りだが、今の私は家内の目を盗んで電子レンジでチンして飲んでいる。
如何にも味気ない飲み方だが、やはり日本酒は旨いと思う。

 熱燗や風呂は温めが丁度良い  英世
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/608-bc1c1755

 | BLOG TOP |