初鏡


新春によく詠まれる季題に初鏡がある。
初鏡とは正月初めて女性が化粧する顔を映す鏡のことである。
初化粧と言う華やぎの顔を映す鏡ではあるが、その鏡は心を映す鏡でもあり俳句ではその心を表現することが多い。
鏡とはそもそも影見がなまったものだと言うが、心正しくすることを促す鑑でもあろう。
それゆえにこの季題で初春の目出度い心を詠むのも当然と言えよう。
その初鏡が今回の兼題であった。
例によってこの日の特選句をご紹介しよう。

 昨夜髪を染めたる妻の初鏡  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/616-68b2e078

 | BLOG TOP |