鹿肉

長年お付き合い頂いている先輩女史が珍しいお肉が手に入ったからとわざわざ我が家まで持ってきてくれた。何とその肉は鹿の肉であった。
近年日本に鹿が増えすぎてその対策として鹿肉を食べようと言うキャンペーンが展開されていることは知っていたが、まさか我が家の食卓に鹿の肉が並ぶとは思いもよらないことである。
実は鹿肉を食べるのは初めてではなく、東京にいた頃奥鬼怒の蟹湯温泉で熊の肉と一緒に食べたことはあったが、家内は全く初めてと言うことで少し敬遠していた。
とにかく食べてみようと言うことになったが、いざ食べてみると即座に家内は美味しいと言ってくれた。珍しい野趣あふれる鹿肉の味に満足したようであった。
お肉は二人では食べきれない量で隣の娘と近くに住む息子におすそ分けすることにした。果たしてどのような感想を述べてくれるか今から楽しみである。

 すき焼や牛に代りて鹿の肉  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/622-b92725a1

 | BLOG TOP |